ページトップへ

目黒駅東口徒歩1分の
リラクゼーションヘアサロン [ベー アッシュ]

 

アコライムCCクリームが使い勝手最高!紫外線を気にするなら化粧品の成分にも目を向けて。 - リラクゼーションヘアサロン「ベーアッシュ」

home > acclaim > アコライムCCクリームが使い勝手最高!紫外線を気にするなら化粧品の成分にも目を向けて。

acclaim

アコライムCCクリームが使い勝手最高!紫外線を気にするなら化粧品の成分にも目を向けて。

 

目黒の美容室ベーアッシュの小川です。今回は私も使い続けているUVケア商品についてご紹介します。

段々暖かくなってきましたがそろそろ気になりますよね?紫外線・・・

日焼け止め塗った方が良いのはわかるけど朝のお化粧に時間がかけられない!

ベタつくから好きじゃない!

白浮きするんじゃないの?

と色々悩みは尽きないものです。

ですがアンチエイジングを考えるうえでUVケアは必須です。

私が自分でも使っていてとてもおすすめなのがアコライムのCCクリーム。今までBBクリームやCCクリームを色々使ってみましたがこんなに使い勝手が良く、肌に負担を感じないものは初めてです!

アコライムのローションやクリームなど他の基礎化粧品とともに使っているからより効果を実感するのか、とにかく肌の透明感、密着感、化粧崩れの少なさが素晴らしい。

今回はアコライムccクリームを含めた簡単なUVケアについて紫外線ケアの基本的な知識とともにご紹介いたします。

 

◇ 日焼け止めに書かれているSPFってなに?

 

 

 

 

SPFとは、Sun Protection Factor(サン プロテクション ファクター)の略です。

SPF は、紫外線 B 波( UVB )をカットする力を示しています。

“UVB”は、主に表皮に強く作用して、日ざしを浴びた数時間後に、肌に赤く炎症を起こす紫外線です。

メラニンを増加させて日やけによるシミ・ソバカスの原因を作ります。

20分程度の間に何も付けていない素肌と比べて日焼けが始まるまでの時間を何倍に伸ばすことが出来るかという目安です。

つまりSPF30の場合、20分×30=600分=10時間。10時間までは日焼けが抑制されるという計算になりますが

人によって焼けやすさは違ったり汗をかいたりと条件が様々ですのでこまめに塗りなおしましょう。

 

 

◇ PAの意味は?

 

 

PAは、Protection Grade of UVA(プロテクション グレイド オブ UVA)の略です。

皮膚を黒くするだけでなくシワやたるみの原因となる紫外線 A 波( UVA )の防止効果を表すもの。

強い方から++++(極めて高い効果がある)、+++(非常に効果がある)、++(かなり効果がある)、+(効果がある)の4段階に別れています。

日常生活ではPA+、PA++あれば十分と言えるでしょう。

SPFの値も含めて下記の表を参考にしてみて下さい!

 

 

 

◇ 日常のUVケアはアコライムCCクリームに全部お任せ!

 

 

アコライムのCCクリームは SPF 15 PA+ カラー:ナチュラル、ライトオークル

CCとはCOMBINATION  CREAM(コンビネーションクリーム)の略です。

1本に6つの機能

美容液、乳液、カラーコントロール、日焼け止め、化粧下、地毛穴カバー

を凝縮させた日常使いに最適なものになっています。

 

” オイル エクスポート テクノロジー ”によって伸びが良く夕方までべとつかず崩れないを実現。

ペプチドなどの有効成分を除き不要なオイルが塗布後瞬時に揮発するので必要以上にベタつきません。

 

” プリズム テクノロジー ”で薄付きでもシワ、シミを自然にカバー

光の乱反射により、あらゆる方向からのカバーが可能になっています。

 

”UV光線力学療法”で太陽光を味方にする

UV光線の一部を可視光線に変換させ光トリートメント効果を持たせることによる新しいスキンエイジングケア。

 

”ペプチド配合”で高い美容効果

メチルウンデセノイルロイシネード、パルミトイルヘキサペプチド-36⇒メラニン形成阻害、シミを出来にくくする

ミリストイルテトラペプチド⇒UVダメージ低減、炎症を抑える

ミリストイルトリペプチド-31⇒シワ、まだらな色素沈着、毛穴の低減

酵母アミノ酸、リン酸3ca、ヤエヤマアオキエキス⇒UVを可視光線に

スギナエキス(+オイルエクポートテクノロジー)⇒収れん、抗炎症作用

 

 

アコライムのCCクリームにおける紫外線吸収剤と紫外線散乱剤について

 

紫外線吸収剤には唯一の天然成分お米由来で光保護作用もあるフェルラ酸を採用し肌への負担を低減しUV効果も実現。

一般的に言われている有機化合物の紫外線吸収剤とちがうお医者さんも注目の成分です。

紫外線散乱剤の酸化亜鉛や酸化チタンなどの鉱物はシルクコーティングする技術採用で摩擦係数の低減、肌への負担を減らし、さらに化粧崩れ防止作用も向上させています。

SPF15は時間に直すと20分×15=300分=5時間となるので日常使いとして十分な時間といえるのでお肌に過度な負担もかからず、ペプチドによる美肌効果もあるアコライムのCCクリームはこれからの季節の強い味方です。

吸収剤も散乱剤も入っていても何も問題が無い人もいれば、肌への負担が少ないと言われる散乱剤だけでも刺激を感じる人もいます。

どちらが良いとか悪いではなく製品についてよく確認し、自分の肌、使用シーンなどによって使い分けることが大切です。

 

 

ACCLAIM BEAUTE DE CC(CCクリーム) ¥6,000(税抜)

カラー全2色:ナチュラル、ライトオークル  30g

SPF15  PA+  

レジャーの時など紫外線の強い所に行く場合はこまめに塗りなおすか、SPFの高い数値のものを使用してください

 

 

☆ 私のアコライムccクリームの使い方 ☆

 

 

①アコライムのローション、セラム、クリーム等で肌を整える

 

②ccクリーム(私はナチュラルを使っています)を手の甲に取り頬から伸ばしていく

*この時、肌をこすらないように中指と薬指の腹の部分全体を使って顔にポンポン置きながら広げていくように伸ばします

 

 

③コンシーラー代わりに今まで使っていたクリームファンデーションを頬の赤みの出るところと目の下に指でポンポン置く

 

④スポンジでムラをなくすように顔中を優しくポンポンする。強くはやりませんが全ての毛穴にccクリームをたたき込み陶器のような肌艶を目指します!

 

⑤ルースパウダーでおさえる

 

以上!この間3分くらいです

 

私の肌は細かく角質がめくれるように毛羽立った感じになりやすいのと、頬に赤みが出やすいのでどんな時も肌をこすらないようにすることを心がけています

 

 

◇ 化粧直しと日焼け止めの塗り直しが1つで完結!美艶UVパウダー

 

 

CCクリームのほかにもう1つベーアッシュでおすすめのUV化粧品があります。

何度も液体の日焼け止めを顔に塗り直すのって大変だなって感じたことありませんか?

化粧直しにもそんなに時間がかけられない、持ち運ぶ化粧品を最小限にしたい!と考える方にオススメなのが

SPF50+ PA+++ UVケア機能とほんのり上品な艶肌に仕上がるポンポンするだけの簡単パウダーです。

メイクの最後やお化粧直しの時にTゾーンや頬、顔の日焼けしやすい所に簡単にポンポンできて、ラメパールも綺麗に輝いてくれUV効果もあるならポーチに1個入れておきたいですね♪

 

 

Leananir(レアナニ) 50ct JEWEL POWDER   ¥3,600(税抜)

 

いかがでしたか?

実際に私もCCクリームを使っていますがスーッと伸びが良く、ベタつかない!お休みの日近所に出かける時はCCクリームにフェイスパウダーをかるくはたく程度で充分で

目元のクマや頬の赤みなどが気になるときはCCクリームを重ね塗りするか、部分的にコンシーラーを使うだけでいいので重宝しています。

お店に使用見本がありますので色やテクスチャーが気になる方はぜ手に取ってみて下さい♪

 

 

記事:小川

 

copyright © b.h. all rights reserved.